東京タトゥー除去美容外科ランキング

刺青をファッションとして入れる人が昔に比べて増えましたので、それに伴って一度入れた刺青を消したいという人の数も増えました。今や刺青除去を行うクリニックは全国いたるところにあり、東京で探してもいくつも見つかります。
刺青とひとくちに言っても、和彫り、洋彫り、アートメイクなどいろいろあります。この中でもっとも消しにくいと言われているのは和彫りの刺青で、いったん入れると一生消えないと言われています。
刺青除去のためにクリニックを訪れる人は、若い頃に刺青を入れてみたものの、環境が変わって消したくなったという人がほとんどです。一生残すつもりで彫ったものの、歳を取って落ち着いたら恥ずかしくなってきた、という人もよく見られます。
刺青を東京にもある美容整形で消すには大きく分けて2つの方法があります。
まずはレーザーを使った方法です。肌のシミを消すような美容整形の場合にもレーザーが使われますが、それと同じ原理で刺青を消していきます。レーザーの光は色素に反応し、色を分解することで薄くしていくのです。
レーザーでの刺青除去は入院の必要がなく、手軽にできるということで人気の方法です。刺青の大きさや使っている色によって、料金や回数は変わってきます。
レーザーでほとんどの刺青が消えると言われていますが、まれに消えないような刺青の場合には、切除手術という方法があります。
これは、刺青の入っている部分の皮膚を切り取ってから縫合するという方法です。刺青の範囲が大きければ、他の部分から皮膚を移植することもあります。
切除手術の場合には、範囲によっては入院が必要となることもあり、術後にどうしても傷跡が残ってしまいます。